2010年03月18日

陸上自衛隊の登録商標「守りたい人がいる」

埼玉県警が、警察官募集のポスターとちらしに「守りたい人がいる」と書いたことが、陸上自衛隊の商標権の侵害になるかもしれないので回収する予定とのことです。

ポスターとちらしの制作費は600万円とのこと。

この記事で、いろいろ解らないことがあります。

1.商標権の指定商品あるいは役務は何なのか?
 新聞では、陸上自衛隊は、ポスターや関連グッズに使っているとのことですが、ポスターは陸自の商品ではないですよね。関連グッズも儲けるためではないですよね。どちらも陸上自衛隊のPRが目的ですよね。ということは、陸上自衛隊そのものが指定役務ということ?

2.埼玉県警が、警察官募集のポスターに「守りたい人がいる」と書いても、普通の使い方ですよね。侵害になる?

3.仮に侵害になるとしても、600万円を無駄にしないように、陸上自衛隊は埼玉県警に使わせてあげればいいではないですか。同じ税金で動いたいる機関でしょ。今回だけ使わせてもなにも悪影響はないでしょう?

相互リンク
弁理士のことなら - sirube
特許業界・知的財産業界情報トップス


posted by ヒラゲン at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。