2010年02月14日

勉強法

『無理なく勉強を続けられる人の時間術59』(古市幸雄著、大和書房)
と言う本を読みました。

これまで、勉強法の本はいろいろ読んだので、勉強法の本はもういいかな、と思っていましたが、つい買ってしまいました。(^^)
なにか得られるものがあるかもしれないと思って。

古市さんは、『「1日30分」を続けなさい』の著者です。
両方ともいい本と思います。
タイトルのとおり、あまり無理せず勉強が続けられる気がします。

この本で、眼が覚めたのは、「何のために勉強しているか」です。
そして、今勉強すれば、将来は確実に良くなると言うことです。

私の場合資格を取ると決めました。
資格を取ると、いろいろ得られるものがあると判断したからです。

決めた以上、今勉強するとしないとでは、将来が確実に違ってくると考えると、自然と勉強を始めます。

そのほか、いかに時間を捻出するかがかかれていました。


弁理士のことなら - sirube
特許業界・知的財産業界情報トップス

posted by ヒラゲン at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。